最新情報

健康情報/セラピストの養生メモ≪秋編≫

投稿日:

暦が変わってグッと寒くなりましたね。

 

周りには、

咳がなかなか取れない方、鼻水がずるずる、喉がいがいがする方も増えました。

中医学では秋は『燥』の季節と言い、乾燥の燥ですから、

「肺」が一番影響を受けやすくなる季節なのです。

 

ですから、肺に潤いを与える必要があります。

 

肺の機能を高めるのです。

 

まずは中医

 

学での食材として、

大根やれんこん、ユリ根など「白い」素材を食べましょう。

他に、白菜・しょうが・ごぼうなどです。

鍋が美味しい季節ですので、

具だくさんに入れて召し上がってみてはいかがでしょうか。

 

さて、セルフケア・サロンケアとしてはどうでしょうか?

おすすめのアロマオイルは、

・個性的な香りですが、ユーカリです。

ユーカリグロブルスが かなり潤いを上げ循環に良いようですが、

乳幼児・高血圧・てんかんの方への使用禁忌があります。

 

ユーカリラジアタは 緩やかではありますが、

上気道の炎症に良いようです。メンタル面でも、穏やかさを促すようですので、

リラックスし自己治癒力を上げるには良いオイルです。

 

自分でできるケアとしては、

  • ティッシュに1滴垂らして嗅ぐ
  • 容器にお湯を入れ、1滴垂らしてのど・鼻から嗅ぐ
  • 市販の電気のアロマディフィーザーに3滴(6畳間の場合)入れる
  • 無添加のオリーブオイルに加えて鎖骨の周りに塗る(10mLに2滴)などです。

 

では

秋の夜長に

好きな音楽を聴きながらセルフケアに。。

♪たくさんあるアロマオイルをどう使っていいかわからない方へ

プチスクールを開催しています。一日コースもあります。お問い合わせください。

ジャパン・アロマセラピースクールNaturalist認定 アロマセラピスト講座

セルフケアやご家族に活用できる内容です。

2時間4回受講料34,560円税込(教材費・受験料・認定料・テキスト代金含む)弊社おススメの専門書籍をテキストにします。アロマのエッセンシャルオイルを「安心・安全」に理解し日常生活に使うための講座です。(ルームスプレーやアロマキャンドル、ハンドケアのレッスンもあります)

 

♪女性の再就職を応援します。資格取得から仕事ができるのかな?と不安のあなたへ。

弊社では介護アロマセラピストの資格を取得して、活動できる方を募集しています。

週1回2時間程度の活動から、将来のサロン起業を考えるあなたを応援、サポートします。

ご相談はこちらへ。

 

 

 

-最新情報

Copyright© 〈株式会社ナチュラリスト〉 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.